「割り切り出会い」に潜んでいる逮捕という名の危険

出会い系アプリや出会い掲示板などを中心に広まった「割り切り出会」

マッチングマッチングアプリの出会いって上手くいくの? 恋活 - Pairs

出会い系アプリや出会い掲示板などを中心に広まった「割り切り出会」 / 背負うリスクの大きさが割り切り出会いと風俗では全く異なる / 危険なリスクを取って「割り切り」や援助交際するなんて愚かな行為

出会い系アプリや出会い掲示板などを中心に広まった「割り切り出会」という言葉を知っていますか? 簡単に説明すると「割り切り」とは割り切った体の関係の事を指していて、ストレートに言えば金を支払う代わりに女性からセックスさせてもらう売春行為のスラングなんです。
「割り切り」(出会い)という隠語の他にも、女性からの売春のやり取りを示す出会い系用語はかなり存在していて、援助交際、援交、サポート、サポ、さ、サ、佐保、助けて、神待ち、瓜、円、TU、WUなどなど…。
もはやそれは、暗号としか思えないような不可解ま言葉まで誕生しています。
ネット界隈のコミュニティーでは出会い規制や警察の目を逃れる為に、常にこのような売春を示すスラングは登場し続けています。
これは、もちろんツーショットダイヤルやテレクラでも例外ではありせんね。
電話が女性と繋がったかと思えば、いきなり相手の女性から「助けてくれる人探しています」「割り切った関係で会える人探してます」などと持ちかけて来るケースも多々あり、日常的にツーショットダイヤルを利用している方ならお馴染みではないでしょうか?